Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

板尾創路の子供(娘)突然死?嫁のシェリーは本物?若い頃はイケメン?

芸人

今や、芸人の顔が薄くなり、すっかりドラマや映画で活躍され俳優としての存在感が増す、板尾創路さんに今回はスポットを当ててみたいと思います

7月スタート話題月9ドラマ【監察医 朝顔】に出演されている板尾創路さんの気になる子供(娘)が突然死した真相や、ガキ使で嫁のシェリーが本物?なのか又若い頃はイケメン?など詳しく調べましたので

最後までご覧ください

スポンサーリンク

板尾創路のプロフィール

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

板尾創路さん(@itaoitsuj)がシェアした投稿

名前板尾 創路(いたお いつじ)
生年月日1963年1月18日
血液型A型
出身地大阪府富田林市
趣味バイク 乗馬
職業芸人 俳優
事務所よしもとクリエイティブ・エージェンシー

・実家はケーキ屋(→閉店?)。

・姉がいる。

・「いつじ」は発音しにくいので母親には「いちろー」と呼ばれていた。

・子供の頃、女の子によく間違えられた。

・子供の頃、姉のおさがりの水着を着せられた。

・自分が中心にはならず巡ってきたチャンスで一言で笑いを取る事を心掛けていた。

・小2の時、クラスメイトの女の子に初恋。

・小学校時代、初めて父親にプロ野球観戦に連れて行って貰った時に何を勘違いしたのか

グローブではなくバットを持って行った。

・中学時代、バスケットボール部。

・高校時代、ヤンキーだった。そりこみをいれて眉毛をそっていた。

板尾創路 現在子供は何人?名前・年齢は?

板尾創路さんの子供は1人います

名前は非公開:呼び名・ぴぴちゃん

年齢:6歳(2019年現在)

実はぴぴちゃんには、お姉ちゃんがいます、今は天国にいます

名前は英美(えみ)ちゃんの詳細は後ほど

板尾創路の子供(娘)長女の突然死?24時間テレビで告白?

板尾創路さんは1998年に8歳年下の一般女性と結婚

2007年9月に長女(英美)が誕生


しかし、彼女は09 年8月、突然死去(享年1歳11 カ月)しました

亡くなった原因は、乳幼児突然死症候群だったと言われています

乳幼児突然死症候群とは

それまで、すくすく育っていた赤ちゃんが、ある日突然、眠っている間に亡くなってしまう
乳幼児突然死症候群(SIDS:Sudden Infant Death Syndrome)」という病気があります。

赤ちゃんが突然亡くなることは、生まれつきの病気や感染症、窒息事故などによっても起こることがあります。しかし、SIDSはそれらと異なり、何の予兆や既往歴もない赤ちゃんが睡眠中に突然死に至る、
原因の分からない病気です。

日本でのSIDSの発生数は減少傾向にあるものの、平成27年を除けば毎年100人を超える赤ちゃんがSIDSによって亡くなっています。平成28年(2016年)は109人が亡くなっており、1歳未満の赤ちゃんの死亡原因としては依然第3位となっています。

発症するのは、生後2か月から6か月の赤ちゃんに多く、まれに1歳以上でも発症することがあります。寒い時期に多くが発生しています。                   出典元:https://www.gov-online.go.jp/

また、日本テレビ系チャリティー番組「24時間テレビ36 愛は地球を救う」に出演し乳幼児突然死症候群で1歳10カ月でこの世を去った長女の英美(えみ)ちゃんについて重い口を開きました

さまざまな困難に見舞われながらも強く生きる「ニッポンの家族」を紹介するコーナーに登場した板尾さん、幸せの絶頂だった07年の英美ちゃんの誕生から09年の最愛の娘の死までをVTRで紹介されました

悲しみに堪えながらも下を向かず真っ直ぐ前を向く板尾さんの姿は、視聴者に愛と勇気を与えるものとなりました

そして、娘・恵美ちゃんの死から10年たった心境を雑誌のインタビューで以下のように語っています

「この10年を振り返ってみると、これまでの僕の人生のなかで、いちばん変化のあった10年でしたね。そのなかで、いちばんの出来事は、

やはり、長女の誕生と突然の死。それも、きちんと日記に残せたことは、僕自身にとってよかったと思う」

そして、奥さんについては、このように語っています

長女を亡くした直後の僕を支えてくれたのは……やはり、奥さんです。僕より彼女のほうがはるかにつらかったはずです。自分のおなかを痛めた子ですからね。

いまもそうですけれど、母親として、わが子を亡くした悲しみはけっして癒えることはないし、悲しいときは泣けばいい。そのときは、慰めの言葉をかけるより、

本当にそばにいてあげて、彼女が話をしたいときに聞いてあげる。それだけでいいと思ったし、何より僕が一生懸命仕事をしている姿を見せることが、彼女にとって、たぶんいちばんいいことだ、と思いました」

お腹を痛めて産んだ可愛い我が子が、突然亡くなる事など誰も予想しないでしょうし、考えもしない事だろうと思います

その悲しみは、体験した本人しか分からないものだろうと感じます、板尾さんの言う通り慰めの言葉など必要なく、ただ寄り添うだけなのかもれませんが、それが一番大切な事だと思います

そして、次女の誕生により3人家族になったとは思わない板尾さんの信念がありました

「次女については正直言って、長女を亡くして、また子供をつくって、その子を長女の代わりにかわいがるというのはどうなのか……と思うところはありました。

でも、産むのは奥さんですから。彼女に『ほしい』という気持ちがあるのなら、絶対つくったほうがいい。そう考えて、全身全霊で彼女に協力しようと思いました

日記には、折に触れ『4人家族』という言葉が出てきますが、うちは、僕ら夫婦と娘2人の4人家族だと思っています長女のことは、いまでも1日たりとも忘れたことはありません

彼女は、僕と奥さんとの間にできた命ですから。2人が存在し続ける限り、魂とか、意識はないけれど、彼女は生きているんじゃないか。次女のなかにも『おねえちゃん』として存在しているんじゃないか……。そんな気がします」

長女の形・姿はなくとも、確かに”そこにいる”という感覚が、家族の絆をより深めるのだと感じますね

我が子を亡くした芸能人がこちら↓

淡路恵子
オダギリジョー
草刈正雄
レイザーラモンRG
飯田圭織
風見しんご
YUKI

ガキ使でダンスを披露するシェリーは本物?

ダウンタウンのガキ使で、板尾創路の嫁、通称シェリー
(インド人)は話題になりましたね 

もちろん、本物の嫁じゃなく、演出によるものです

奇妙なダンスをマドンナの曲に合わせて踊りまくるというもので、その動きは到底、日本人にはマネできるものじゃなく

インド人ながらのベリーダンス?とも言えるのかわかならいが、見ていてとても楽しかった記憶がある

又、板尾創路とのやり取りは、絶妙で、何年も寄り添ってきたかのようで、それは本物の夫婦かと勘違いする程とても二人の息が合っていました(笑)

板尾創路の若い頃がイケメン?

巷では、何やら板尾創路の若い頃頃がイケメンと騒いでいるので、その真相はいかに

ツイッターでの様子をどうぞ↓


なるほど、確かにイケメンですね、今も歳を重ねていい感じのおじ様になっていますが

まとめ・感想

最後まで読んでいただきありがとうございます

今回は、板尾創路さんの亡くなった娘さんの情報を中心にお伝えさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか

まずは、謎のダンサー・シェリーは当然本物の嫁ではなく、若い頃の板尾さんの若い頃は本当にイケメンだった事が分かりました

そして、長女・英美ちゃんの死を受け入れ、乗り越えようと前向きに人生を歩んでいく姿を板尾さんの家族から感じる事ができ自身の今後の在り方を見直すきっかけにもなりとても感謝しております

最後にその娘さんの事を思いながら今後の家族にむけたお言葉がありますので、ご紹介し締めさせていただきす

命あってこその幸せ、家族がそばにいる尊さを教えてくれた」

「当たり前のことは普段は気づかない。ボクは生きていくことは辛いことだと思うけれど、
生きていくことは凄い素晴らしいことだと思う」

「いいことは起こらなくていいから、悪いことは起きないで欲しい」

芸人
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ホームズをフォローする
有名人の事ならお任せください!探偵局

コメント