Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

三浦貴大と山口百恵は似てる?それとも父親の三浦友和に似てる?比較画像

俳優

俳優としてメキメキと実力をつけている、三浦貴大さんに今回はスポットを当ててみたいと思います

7月からスタートするドラマ「TWO WEEKS」に出演され注目を浴びている三浦貴大さんですが、母は往年の大スター山口百恵・父は人気俳優の三浦友和という事で

ファンにとってはどちらに似てるか気になるようで、検証も兼ねて詳しく調べましたので最後までご覧ください

スポンサーリンク

三浦貴大のプロフィール

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

三浦貴大さん(@takahiromiura_official)がシェアした投稿

名前        三浦貴大(みうら たかひろ)

生年月日      1985年11月10日

血液型     A型

身長     178cm

出身地      東京都

趣味       写真

略歴(満年齢)主な作品

 11年(26歳)「学校をつくろう」

 13年(28歳)「キッズ・リターン 再会の時」

※他の主な出演:

 舞台 「二都物語」 

 映画 「RAILWAYS」「永遠の0」

 ドラマ「ハクバノ王子サマ 純愛適齢期」

 CM 「大正製薬 リポビタンD」「LAWSON」

 涼風」「あなた色のマノン」「プリテンダー」

三浦貴大の母親は昭和の大スター山口百恵!

三浦貴大さんの母親は、平成生まれの方は知らないと思いますが、昭和を代表する伝説の歌姫・山口百恵さんです

百恵さんはアイドル歌手として絶頂期を迎えていた1980年11月に結婚が決まり21歳で芸能界を突如引退します、あまりにも早すぎる終わりに当時ファンの間では、ショックと驚きを隠せず社会現象に発展しました

そして、日本武道館でのファイナルコンサートで最後にマイクを置く姿は、今でも様々な番組などでマネをされている、昭和の名シーンとして語り継がれています

三浦貴大の父親は俳優の三浦友和

三浦貴大さんの父親は、ベテラン俳優の三浦友和さんです

プロフィール

名前:三浦友和(みうら ともかず)
本名:三浦稔(みうら みのる)
出身地:山梨県甲州市
生年月日:1952年1月28日
身長:178cm
デビュー時期:1972年
最終学歴:東京都立日野高等学校卒業
所属事務所:テアトル・ド・ポッシュ

1972年に、ドラマ「シークレット部隊」で俳優デビューをした三浦さんは、1974年・映画「伊豆の踊子」で妻である山口百恵さんと初共演をします

その後、百恵さんが引退するまでの5年間ドラマ・映画で数多く共演しヒット作品を出し続けました、その結果「百恵友和コンビ=ゴールデンコンビ」と呼ばれるようになったと言われています

結婚後の友和さんは、歴代平均視聴率No.1となったNHK大河ドラマ『独眼竜政宗』にて、伊達政宗の片腕で武骨な武将・伊達成実を演じ、実力派俳優としての名声を得て現在も活躍しております

三浦貴大と山口百恵は似てる?それとも三浦友和似てる?

偉大な両親の遺伝子持つ三浦貴大さんは、実際どちらに似ているのか、検証をしてみたいと思いますので、早速みていきましょう

続いては、父親の友和さんをみていきましょう

皆さんはどちらに似てると思いますでしょうか?

若い頃の百恵さんの魅力的な目の感じは、似てる感じがしますね!

しかし全体的な顔の輪郭と鼻の感じは、父親の友和さんに似てるように個人的には思います

どちらにせよ、最高の遺伝子を引き継ぐ、貴大さんは羨ましいですね(笑)

スポンサーリンク

三浦貴大の性格はどっちに似てる?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

三浦貴大さん(@takahiromiura_official)がシェアした投稿

お顔の方は、両親のいいとこ取りだったですが、気になる貴大さんの性格はどちらに似てるのか?調べましたのでみていきましょう

貴大さんの過去のインタビューでは、自身の事を、ネガティブと語っていたそうです

”ネガティブ”ですよ(笑)でも、ネガティブであることも必要だと思うんです。デメリットや危険性もすぐに察知できるし、それに気が付いたらあとはひとつひとつ潰していけばいいわけですから

この言葉をみる限りでは、物事を多面的に捉える事ができる能力があるようにみえ、又、ネガティブというより積極的に前へ進もうとする姿勢を常に持っているように思えるので

逆にポジティブに生きようとする考えが前提にあるように思えます

母親百恵さんの性格が垣間見えるこんなエピソードがあるので紹介します

山口百恵・自伝『蒼い時』より一部抜粋

本番になった。ドキドキする胸を押さえながら歌った。審査員のひとりが批評した。
君は、例えば誰か青春スターの妹役みたいなものならいいけど、歌は、、、、、あきらめた方がいいかも知れないねェ

 僅かながら持ち合わせていた自信は、ガラガラと音をたててくずれてしまった。それでも、規定以上の点数を集めた私は合格、決戦大会への出場が決まった。

本の中では審査員の名前は出していませんが、あの昭和を代表する稀代のヒットメーカーの作詞家でありプロデューサーでもあった阿久悠さんの事だと言われいています

どれだけの影響力があったかというとヒット曲を出すには、”阿久悠先生に頼むしかない”と各レコード会社に言わしめた歌謡界の大物人物です

そんな、阿久悠さんから”歌はあきらめた方がいいかも知れないねェ”と言われた母百恵さんは、後に数々のヒット曲を世に送りだし伝説的歌姫へと変貌していくのであります

貴大さんと比較するには今後は分かりませんが、スケールが違い過ぎるので酷ですが、少なくとも、ネガティブからポジティブへともっていこうとする思考は似ているのではないかと感じました

一方の父友和さんの性格はというと、以前のインタビューで、役者としての在り方を次のように語っています

ベテランも若い子もみんな同じ土俵。芝居って、うまい下手は全然関係ない。年齢に関係なく、どうしたらいいか、みんな迷っています

又、夫婦円満については、以下のように答えています

三浦さんの奥さまは、言わずと知れた山口百恵さん。夫婦円満の秘訣について尋ねると、「そんなものがあったら誰も離婚しませんよ」と苦笑い。愚問だったとあせったが、

最初は好きで、相手の氷山の一角しか見ないで結婚するわけだから、その下の大きいところを見て違うと思ったら別れるしかない。偶然、良かったと思えば、ずっと一緒にいられるでしょうね」。氷山の一角。三浦さんの鋭い例えに感動した

上記の内容だけで、父友和さんの性格が全て分かることではありませんが、大スターだった妻百恵さんとの結婚は、当時世間の声は厳しい批判があったと言われています

その後の父友和さんの活躍は言うまでもありませんが、デビュー前の百恵さん同様ネガティブからポジティブへと自身の力で変えていった事は現在の活躍ぶりをみればわかるような気がします

以上の事だけをみると、貴大さんの性格は両親どちらにも似ていると、勝手に結論づけました(笑)

まとめ・感想

最後まで読んでいただきありがとうございます

今回は、貴大さんと母百恵さん・父友和どちらに似てるかについて、お伝えさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか

どちらにも似てるという親子なので当然の結果になりましたが、それより百恵さん・友和さんは我が子の俳優としての仕事に心配と期待を寄せていることでしょう

今後の貴大さんの活躍期待しております

俳優
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ホームズをフォローする
有名人の事ならお任せください!探偵局

コメント